適当に随筆

日々の生活で思ったことを適当に書いていきます。

頭の中の整理整頓

整理整頓している、頭の中を。

ひたすら片付け、ひたすら整理し、ひたすらカテゴライズを続けている。

アレは、ナニだから、ドウするんですよ。

そのような情報をひたすら適材適所に配置している。

 

大分片付いて来た。

大昔から抱えてきた各種ごちゃごちゃも全部ひっくるめて、細分化し、裁断化しパッチワーク宜しく収まりと感じのいいように再配置。

暫くそれに、パフォーマンスのほぼ全てを使用していた。

 

レベルは一気に上がらない。

何故ならば一足飛びに物事を理解することは不可能だからだ。

全てには階段のような段階が存在する。

そこを経過して、通過して、理解して初めて、その段階まで到達した事になる。

ただ、経験を貯め込むことは可能なのだ。

知識や感覚として。

実際の経験が共わなければレベルは上がらないからだ。

 

物語で誰かの体験談を読んだとしよう、とても奥深く真実味にあふれた物語。

まるで誰かの人生を追体験したかのような感覚。

 

結局、知識や感覚だけでしかない。

 

経験ではないからだ。

 

知識や感覚は経験しなければあくまでも知識や感覚のまま終わってしまう。

 

おそらく、きっとそれはそうなんじゃないのかと。

 

推測のまま、思考の海の中で揺蕩うまま。まるで霞がかかったかのようにほんのりとぼやけたままの景色でしかなくなる。

 

経験とはその霞を取っ払ってくれるものなのだと思う。

 

人間にはそのような機能が存在している。

 

類推機能。

 

そうじゃないかなあ。

そんな感じのモノ。

 

そしてその類推機能は、知っているモノにしか作用しない。

存在を知らないと応用が利かせられないように。

 

知るというものは、とても大切な事だ。

知識の蓄積。

人間は知らなければ話すことも、自分の意志を誰かに伝えることも出来ないのだから。

 

経験というのも、とても大切な事だ。

自分が今まで体験してきた事。

経験が無ければ、何をすればどうなるか、ひとかけらすらも分からないからだ。

 

その二つを持って人間は生命活動を行っている。

 

最近、その二つのバランスが丁度宜しくなってきた気がする。

蓄積しすぎてきた知識がいい感じに経験に変化している感じがする。

まあ、感覚の問題ですが。

 

恐らくは両立が必要なのだ。

バランス。

 

知識だけだと頭でっかちだし。

経験だけだと、まあ、どこのヤンキーだし。

 

知識といっても、お勉強だけではなくすべてに対しての知識が必要なのだ。

経験といっても、経験するべき必要な経験に限られるのだけれども。

 

世界の深さは知った。

世界の高さもある程度は知った。

世界の広さはお勉強中です。

 

中々、いい感じになって来たんじゃないかなと思います。

 

まあ、感覚の問題ですけれども。(笑)

ちゃんとする。

 激務が終わった。

 

今の会社に入ってから、時折発生する激務。

年に1.2回はある。

終わるとなぜか無意味に成長した気分になるのがこの激務の特長だ。

 

多分、恐らくはしているのだろうし。

 

今回の激務はいつもの激務とはランクが違った。

 

いつもの激務は、まあ忙しいだけの激務なのだが、

今回は「ちゃんとしなきゃいけない」激務だった。

まあ、働く場所が場所なので、ものすごくちゃんとしていなきゃいけなかった。

 

少なくとも、働いている間は可能な限りちゃんとしていたと思う。

 

背筋伸ばして、綺麗な言葉使いで、可能な限り親切に。

 

今までの俺の人生の中で、あれほどちゃんとしていた自分は存在していないだろう。

そう言い切れるほどにちゃんとしていた。

そう確実に言い切れるだろう。

 

激務が終わったと同時に自分も「ちゃんと」出来るんだ、とそう思った。

今までも、社会人としてはある程度はちゃんとしていたと思うが、ちゃんとのクラスが段違いだった。

 

正直、空気が違うので立ってるだけで気を張らなきゃいけないので物凄く気が疲れた。

廻りが全部知らないことだらけだったので、一から全部覚えて、常識の再構築が最初の仕事だった。

周りの人たちは全部、ちゃんとした人達ばかりだったので、皆親切に教えてくれた。

教えてくれないものは、見て覚えた。

皆が皆、仕事をちゃんとする為に、一定のルールの中で、ちゃんとした商売をしていた。

そりゃもうあんな場所で働いているんだから当たり前の事だろう。

完璧に出来上がっていた。

その中で完成度の低い我々は苦戦することになるのだが、まあ、職種が違うので当たり前の事だろう。

 

一流の建築士が一流の図面を引けたとしても、一流の大工の真似事は出来ないように。

一流の音楽家が、一流のスポーツ選手ではないように。

一流の棋士と一流のフュギュアの選手が別人のように。

 

求められるスキルが違うのだ。

 

スキルは違っても応用は効く。

他で培ったノウハウは生かす事が出来る。

 

例えば、俺が文章を読みなれてて書きなれているからすらすらと苦も無く長文を量産できるように。

 

俺が、仕事場に来る人の多さに呆れていると、一緒に働いていた人が

「普通の人は休日になると何処かにお出かけするんですよ」

と、どちらかというとインドア派に所属する俺に呆れたように言っていた。

生きる事に対する目的、求めているものが違うので一概にはそう言えない。

年末の東京ビックサイト行ってみろコラア、と言い返したかったが、そもそも8月と12月に東京ビックサイトに行っても特にやる事が無いので、行った事が無いのは内緒だ。

 

価値観、価値認識、生きる事に対する目的。

何がしたいのか、何を求めているのか。

 

楽しさ、気持ちよさ、居心地。

愛しさと、切なさと、心強さと。

 

……最後のは違います。

 

 

最初は点だった。

 

 

点は増えれば線になる。

 

_

 

線が増えれば三角に。

 

 

そして四角をへて。

 

 

立方体になり、面積が増え続ける。

 

まさかあの町でランチを食べて千円切るとは想像してなかった、当然ながら味もいい。

当たり前のことだが、経験しなければ知りようもない。

 

した方がいい経験と、しない方がいい経験。

特になる経験と特にならない経験。

俺の飲酒は特にならない経験。

スイッチには、普通にオンオフ可能なスイッチと、一度入れると壊れて戻らなくなるものがあるのです。

そういうスイッチにはなるべく最初から触らない方がいい。

 

家に炊飯器が無いからお鍋でご飯を炊くんです。

そう言っていたあの人は、もうご飯を炊いたのだろうか。

 

人はいる、溢れる程に。

今日もあの場所でも、遊園地でも、行楽地でも人が溢れている。

 

縁。

 

繋がり。

 

人は生きる、人と生きる。

 

人が一人では、生きる事は難しいから。

 

色々な人がいる、今日も何人か生まれ、何人か死ぬのだろう。

確か神話では1000人死んで1500人生まれるのだったか。

 

久々に、文章を書いた。

書く時間も、余裕もなかった。

まだ少し、疲れている。

 

歩き続けて何処まで行くの。

 

昔、小林幸子がうたっていた歌。

 

本当に、何処まで行けばいいんだろうか。

本当に、遠い所まで来た気がする。

 

体はいつもと同じ場所。

心の場所が違うのだろうか。

気持ちの位置、経験値。

 

思えばいつもはぐれメタルばっかりと戦ってた気がする。

逃げ出さないはぐれメタルと。

今回のはメタルキングだった。

毎日逃げ出さないメタルキングを1ポイントづつ削って、倒せる日と倒せない日があった、翌日もHPはそのままだったから気が付いたら倒していて、すぐに新しいメタルキングが現れていた。

偶には起き上がって仲間になりたそうにこちらを見ていたりするが、

面倒なのでいつも「いいえ」を選択している。

 

そんな生活。

 

この世界には秘密がある。

 

知っている人間と知らない人間。

 

事実がある。

事実は事実だ。

 

それに対してだから何?オチは?

それを求めるのはナンセンスなのかもしれない。

人は答えを知りたがる。

何かに対しての答えを。

 

答えなんて無いのに、事実しかないのに。

 

確かにオチがあった方が面白いが、面白いかどうかなんて感情のひと振れにしかならない、確かに感情が振れるのは大切だと思う。

プラスの感情が振れると日常が鮮やかになる。

ただそれだけの意味で。

 

昔、感情が死んでいた男は、そう、思う。

 

全ては、総轄的に、均一的に、同じなのだ。

あえてわかりやすくするために、分類し、区分される。

他人と共有する為に。

 

自分で理解するだけならば、分ける必要などひとかけらも無いのだから。

 

世界はきっと、そういう風にできている。

流れ、刺さるか刺さらないか。

春には春のモノが食べたい。

夏には夏のモノ。

秋には秋のモノ。

冬には冬のモノ。

 

流れにあった、季節を堪能したい。

押し付けではなるだけ受け身で。

 

イベントを全力で、楽しみたい。

 

飾る日も、飾らない日も。

 

誰かと同じ気持ちへ。

 

同じ場所にいるために。

 

気持ちは繋がります。

 

伝えて、受け取って、理解して、誰かに。

 

そういうものです、一方通行だと、悲しいです。

 

誰かと同じ場所に行くために。

 

今日も明日も、貴方へと。

 

自分だけじゃないから。

 

幸せな貴方に、さらに幸せを届けたいから。

 

 

知ってください、感じてください。

誰でも彼でも。

 

理解とは、そういうものです。

また今度、是非に是非にまた今度。 

自分の為、他人の為、そして自分と誰かの為

頭の使い方を切り替えて行かないといけなくなってきた。

自分の為だったら非常に生きやすいし過ごし易い。

自分の事だけ考えて、自分だけが過ごしやすい様に。

 

けれども、他人と生きるためと考えるならば、他人も生きやすくするしかないのだ。

 

他人の為に。

見知らぬ他人の為に。

誰かの為に。

 

出来ている人間と出来ていない人間がいる。

 

自分の為と、

誰かの為。

そして、自分と誰かの為。

 

昔から少しずつ考えていた。

一体何が違うのだろうかと。

 

自分で使うか、

押し付けるか、

差し出すかの違いなのだろう。

 

自分で使うだけなら自由だ。

けれども押し付けられると無理矢理だから嫌になる。

だけども差し出されると拒否権が存在するのだ。

 

恐らくはその違い。

 

普通に使うか、

受け取るだけか、

貰いに行くか。

 

形は色々存在するけれども。

 

貴方は誰かのことを考えていますか。

自分だけなら大丈夫です。

誰かを考えないで押し付けていないですか。

誰かを考えて渡してあげていますか。

私は少し前まで押し付けていました。

 

学生が下駄箱に手紙を入れて校舎裏に呼び出して想いを告げるのは、殆どの場合が押し付けなのだろう。

 

自分の使い方は別にいい。

誰かへの押し付け方、そして、誰かへの差し出し方。

 

さり気なさ。

ふとしたさり気なさと、気遣いと、強引ではない優しさ。

 

 

誰かの誰かへ、まで考えると更に世界が広がります。

 

誰かの誰かへ。

誰かと、誰かの誰かが幸せでありますように。

 

頭を捻れば出るものだね。

 

少しスッキリした。

価値観と認識と境界線の個別管理

私の知っている、君の名は、と

 

貴方が知っている、君の名は、は

 

本当に同じ作品なのだろうか。

 

そうです、同じ作品です。

非常に高い確率でそうなる。

君の縄、でない限りは。

 

けれども、感想という意味では全く違う意味になる。

作品を見た結果の感想は大抵の場合違う事が多い。

決定的に違う場合も、そんなでもない場合も多々ある。

 

君の名は、を始めてみた人間と、二回目に見た人間とでは感動が違うように。

 

積み重ねてきた個人の経験と、好みの差。

まあ単純に書くとこのあたりが無難ゾーンだろう。

 

見慣れたものか見慣れていないものか。

 

恋愛系の作品を目にする機会は多々ある。

小説然り、ドラマ然り、アニメ然り、ジブリ然り。

 

そして、大抵の人々はそれらの間に垣根を構築してしまっている。

 

つまり、人間失格と、坊ちゃんは純文学である。

白夜行と、すべてがFになる、はミステリ小説である。

やまとなでしこと、結婚できない男は恋愛ドラマである。

とらドラと、涼宮ハルヒと、新世紀エヴァンゲリオンはオタクアニメである。

ちはやふると、ハチクロと、君へ届けは少女漫画である。

もののけ姫と、耳をすませばと、魔女の宅急便ジブリである。

 

そういう風に境界線を引いて個別管理されている方が非常に多い。

ひじょーに多い。

 

ジャンル分けするとなると恋愛要素のある物語。

そのように分類することが可能であるのに。

元々の作品の分類の元によってまるで別のジャンルの作品のように扱われてしまう。

まあ、小説作品、漫画作品、映像作品とは表現媒体が違うので並列扱いは難しい点があるが。

 

『作品』を評価するにあたって、重要視する点は人によって違う。

 

音楽か、物語性か、演技か、映像技術か、登場人物か、設定関係のディテールか。

 

何処がどのようにすごくて、自分はどの部分に感動したのか。

何処に納得がいって、何処が好きで、どういう理由でこの物語、作品が好きなのか。

もしくは嫌いなのか

それらの集合体で、評価は決定される。

 

評価とは、そういうものだ。

 

小学校の通信簿から、好きなケーキ屋さんの好きなケーキに至るまで。

そんなものだ。

 

だから気にしても仕方ない部分が多々あるのが評価というものだ。

 

けれども、誰もが気にしてしまう。

 

まあ、そんなものだと思います。

 

決めつけても仕方がないし、選ぶのは、見るのも、自分次第です。

あけおめ

年が明けた。

 

何か、毎年激動してる。

ここ数年の間ずっと何らかの形で内面、外面、交友関係、及びそれらを含む色々な所でよく分からない事が起こり続けている。

 

よく分からないものは良く分からないから仕方ないのである。

そういう良く分からない事を考えることに時間を割くぐらいなら、不貞寝でもしていた方が時間効率がいいのである。

 

結局は人間はスキルが全てである。

スキル、教育の結果の技術と言い換えてもいい。

知識の総量。

知識を知恵に変える事。

発想の転換、感覚の安定。

 

階段を行き成り十段飛ばすことは難しいが、一、二段なら何とかなる。

そういう問題。

 

出来るようになるためのちょっとした背伸び。

 

それの繰り返しで人間は先に進んでいく。

 

全ては教育の賜物であるのだ。

 

親からの、親族からの、友人からの、先生からの、上司からの、同僚からの。

 

そうして自分自身への。

 

教育。

 

 

人間の言語機能が一体何の為に存在するのか。

それは意思を疎通するためである。

 

コミュニケーションの為だ。

 

円滑に生活するために人間は言語能力を会得した。

自分の意志と、技術を伝えるために。

より良く生きて行く為に。

 

良くとはなにか。

 

自分が利益を得る為である。

 

一粒でもいいから多くのコメを食べたい。

 

一円でもいいから金が欲しい。

 

モテたい。

 

欲望、煩悩、108個。

 

人間の望みは果てしないものがある。

 

何処に辿り着こうと、先も後も無いのに。

何処かに行こうとする。

 

それは何故なのだろうか。

 

 

成功とは何か、失敗と何か。

何が手元にあれば幸せと呼べるのか。

何が無ければ不幸なのか。

 

キリが無いので話題を変えよう。

 

 

最近は、点が線に、線が面になってきた。

非常に喜ばしいことだ。

立方体にはなっていないが、その内なる事だろう。

 

世界は均一につながっているのだ。

こう書くとただの電波野郎でしかないが事実なので仕方がない。

全て何かによって作られているのだから。

 

モノも人も情報も、料理も酒も音楽も。

技術も知識も知恵さえも。

人種も言語も国家すらも。

 

様々な意味で作られているのだから。

 

継続する情報の連鎖。

 

分かる、理解する、とは、気のせいでなければこういう事なのだろう。

 

 

吐き出さないと、新しいものが詰め込めないので更に吐き出すことにする。  

 

大局を見る目と細部を見る目は恐らく違う目なのだろう。

ナイフとフォークの使い方が違うように。 

戦略と戦術の差。

優秀な兵隊が一人だけいても戦争には勝利できないように。

優秀な兵隊が沢山いても、司令部が機能していなければ戦争には勝利できないように。

全てはバランス。

一点特化型ではいずれ無理が訪れる場合が多々ある。

結局は総合力である。

まあ難しいのだけれども。

 

 そういう訳で、今年もよろしくお願い致します。

大いなる流れに乗る葉っぱ

流れ、だ。

多分全部流れだ。

流れってのは、流れという言い方以外表現の方法がないように感じる。

 

おいしいプリンが出来上がるのは何故かというと。

おいしいプリンのレシピを作る流れを知っている人が、レシピの流れ通りにプリンを作るからおいしいプリンが出来上がるのだ。

 

その程度の流れでしかない。

大いなる流れには逆らえないように。

 

全体的に大いなる流れがあって、その流れに乗る葉っぱが一人一人の人間なのだろう。

 

何か電波な表現しか出来ていないがそのように感じる。

 

その流れの中では基本的に何をするのも自由だ。

けれども自由なだけで、許されたり、認められるには、一定の流れの中で、流れに乗っている必要がある。

 

何でも、その流れが綺麗であれば綺麗であるほどに、人はそれに引き付けられる。

流れとは多分そういうものだ。

 

流れ、何かの流れ、大いなる何かの流れ。

 

人はおそらく大いなる何かの流れに浮かぶ葉っぱの様なものなのだろう。