適当に随筆

日々の生活で思ったことを適当に書いていきます。

夏のアイス

今日は、少し昔の話をしよう。

 

暑い夏の日。

母親に「アイス買ってきて」という事があったとしよう。

私はガリガリ君が食べたかった。

無性に食べたかった。

だから親に「アイス買ってきて」と言った。

暫く後に、スーパーから戻ってきた母はアイスを買ってきてくれた。

ハーゲンダッツだった。

ガリガリ君を食べたかった私は母に文句を言った。

「これが食べたいんじゃない」と。

「買って来てやったんだから文句言わないで食べなさい」母は言う。

暫くごねて、冷凍庫に入れて、不貞腐れてから三十分後。

仕方ないので、食べた人生初のハーゲンダッツは超絶美味かった。

 

今回はそういうお話。

 

誰かの為に何かをした事が誰しもあると思う。

例えば電車の優先席に座らなかったり、電車の優先席に席を譲る為に座ったり、電車の優先席にいつも座っている学生に「アンタ元気なんだから座ってんじゃないわよ」と言ったり。

今日の俺は電車の優先席に文句があるんじゃありません、使いやすいから使っているんです。

因みに俺は優先席には座らない派です(苦笑)

 

自分本位か。

相手本位か。

自分を考えた上での相手本位か。

相手を考えた上での自分本位か。

自分を考えた上での自分本位か。

相手を考えた上での相手本位か。

パターンはいくらでもある。

 

最初の話は、自分を考えた上での自分本位。

お互いに。

自分がハーゲンダッツを食べたいと思った、だからハーゲンダッツを買った。

子供はアイスが食べたいと言った、だからアイスを買った。

ガリガリ君を食べたいなら最初からそう言えばいい。

そういう問題じゃないが、似たようなことはいくらでも起こる。

 

映画が趣味です。

漫画が好きです。

音楽が好きです。

 

そうですか映画が趣味なんですか、じゃあ今度見に行きませんか?

いいですね、行きましょう。

後日、映画館で実際に見ることになったのは公開初日の「デビルマン」だった。

多分二人はよほどの事が無ければ二度と逢う事は無いだろう。

妙な趣味でも持ってなければ。

 

これはちょっと意味が違う。

 

相手に対する深堀り。

何をどこまで求めているか。

自分の意志だけではなく、相手の意志の為に、良好な関係を築くために。

その着地点をすれ違い続けると関係は壊れることになる。

 

例えば、ガリガリ君が食べたいのにハーゲンダッツを買ってきたりだとか。

ジャンプ読みたいのにマガジンだったとか。

コロコロなのなにボンボンだったとか。

FFなのにDQだったとか。

PSなのにSSだったりとか。

フシギダネなのにリザードンだったりとか。

そういう問題。

 

自分がしたいことと、相手がしたいことのすり合わせ。

 

自分がしたいことと、相手がしたいことは違う事が大概にして多い。

それを無理やり強制すると、関係が破綻するのは当たり前のことである。

 

幸せの形は一つではないし、膨大な数の幸せの結果がある。

 

求めてるものと違う答えを提示されると人間は一概にして嫌になる。

当たり前だが。

 

例えば、そう例えば。

 

自分が悪者になるのが嫌だったりとか。

 

無理やり悪者になるように強制しようとしたりだとか。

 

残念な婚活パーティに無理やり行かせて謝りもしなかったりとか。

 

人の努力の結果を、確認しもしないで踏みにじったりだとか。

 

人の幸せを壊そうとしたりだとか。

 

大抵が必要以上に欲を出そうとするとそうなる、そうなるように出来ている。

 

苦しい思いをするようになる。

 

先手か、後手か。

 

バランスは悪いがそういうものだ。

 

もしくは無理やり流れを作ってそういう風に流そうとするか。

 

これが一番お勧めしない。

 

何故なら肉体的な痛みが伴うからだ。

 

時間も金も、積み上げてきたものが全て流れていく事になる。

 

全ては全て、時間は時間。

 

時間は有限、お金も有限、知識も有限、体験も有限。

 

痛みや苦しみに時間を投資する価値があるか、理論する時間は必要か。

 

一度だけで充分だ。

 

結果が見えているなら、最初からやらなければいいのに。

 

結論として。

子供は、お母さんがお買い物に行く前に、買って来て欲しいアイスの商品名を伝えるようにして下さい。

お母さんは、何のアイスを買ってくればいいのか聞いて下さい。

それだけのお話です。

 

プライベートでも、仕事でも。

友人関係でも、見知らぬ他人にも。

敬意と論理。

いらない二度手間、要りませんから。

 

以上、取り急ぎお伝え致します。

お忙しいところ申し訳御座いませんが、ご確認頂けると幸いです。

 

みたいな(笑)

頭の中の整理整頓

整理整頓している、頭の中を。

ひたすら片付け、ひたすら整理し、ひたすらカテゴライズを続けている。

アレは、ナニだから、ドウするんですよ。

そのような情報をひたすら適材適所に配置している。

 

大分片付いて来た。

大昔から抱えてきた各種ごちゃごちゃも全部ひっくるめて、細分化し、裁断化しパッチワーク宜しく収まりと感じのいいように再配置。

暫くそれに、パフォーマンスのほぼ全てを使用していた。

 

レベルは一気に上がらない。

何故ならば一足飛びに物事を理解することは不可能だからだ。

全てには階段のような段階が存在する。

そこを経過して、通過して、理解して初めて、その段階まで到達した事になる。

ただ、経験を貯め込むことは可能なのだ。

知識や感覚として。

実際の経験が共わなければレベルは上がらないからだ。

 

物語で誰かの体験談を読んだとしよう、とても奥深く真実味にあふれた物語。

まるで誰かの人生を追体験したかのような感覚。

 

結局、知識や感覚だけでしかない。

 

経験ではないからだ。

 

知識や感覚は経験しなければあくまでも知識や感覚のまま終わってしまう。

 

おそらく、きっとそれはそうなんじゃないのかと。

 

推測のまま、思考の海の中で揺蕩うまま。まるで霞がかかったかのようにほんのりとぼやけたままの景色でしかなくなる。

 

経験とはその霞を取っ払ってくれるものなのだと思う。

 

人間にはそのような機能が存在している。

 

類推機能。

 

そうじゃないかなあ。

そんな感じのモノ。

 

そしてその類推機能は、知っているモノにしか作用しない。

存在を知らないと応用が利かせられないように。

 

知るというものは、とても大切な事だ。

知識の蓄積。

人間は知らなければ話すことも、自分の意志を誰かに伝えることも出来ないのだから。

 

経験というのも、とても大切な事だ。

自分が今まで体験してきた事。

経験が無ければ、何をすればどうなるか、ひとかけらすらも分からないからだ。

 

その二つを持って人間は生命活動を行っている。

 

最近、その二つのバランスが丁度宜しくなってきた気がする。

蓄積しすぎてきた知識がいい感じに経験に変化している感じがする。

まあ、感覚の問題ですが。

 

恐らくは両立が必要なのだ。

バランス。

 

知識だけだと頭でっかちだし。

経験だけだと、まあ、どこのヤンキーだし。

 

知識といっても、お勉強だけではなくすべてに対しての知識が必要なのだ。

経験といっても、経験するべき必要な経験に限られるのだけれども。

 

世界の深さは知った。

世界の高さもある程度は知った。

世界の広さはお勉強中です。

 

中々、いい感じになって来たんじゃないかなと思います。

 

まあ、感覚の問題ですけれども。(笑)

ちゃんとする。

 激務が終わった。

 

今の会社に入ってから、時折発生する激務。

年に1.2回はある。

終わるとなぜか無意味に成長した気分になるのがこの激務の特長だ。

 

多分、恐らくはしているのだろうし。

 

今回の激務はいつもの激務とはランクが違った。

 

いつもの激務は、まあ忙しいだけの激務なのだが、

今回は「ちゃんとしなきゃいけない」激務だった。

まあ、働く場所が場所なので、ものすごくちゃんとしていなきゃいけなかった。

 

少なくとも、働いている間は可能な限りちゃんとしていたと思う。

 

背筋伸ばして、綺麗な言葉使いで、可能な限り親切に。

 

今までの俺の人生の中で、あれほどちゃんとしていた自分は存在していないだろう。

そう言い切れるほどにちゃんとしていた。

そう確実に言い切れるだろう。

 

激務が終わったと同時に自分も「ちゃんと」出来るんだ、とそう思った。

今までも、社会人としてはある程度はちゃんとしていたと思うが、ちゃんとのクラスが段違いだった。

 

正直、空気が違うので立ってるだけで気を張らなきゃいけないので物凄く気が疲れた。

廻りが全部知らないことだらけだったので、一から全部覚えて、常識の再構築が最初の仕事だった。

周りの人たちは全部、ちゃんとした人達ばかりだったので、皆親切に教えてくれた。

教えてくれないものは、見て覚えた。

皆が皆、仕事をちゃんとする為に、一定のルールの中で、ちゃんとした商売をしていた。

そりゃもうあんな場所で働いているんだから当たり前の事だろう。

完璧に出来上がっていた。

その中で完成度の低い我々は苦戦することになるのだが、まあ、職種が違うので当たり前の事だろう。

 

一流の建築士が一流の図面を引けたとしても、一流の大工の真似事は出来ないように。

一流の音楽家が、一流のスポーツ選手ではないように。

一流の棋士と一流のフュギュアの選手が別人のように。

 

求められるスキルが違うのだ。

 

スキルは違っても応用は効く。

他で培ったノウハウは生かす事が出来る。

 

例えば、俺が文章を読みなれてて書きなれているからすらすらと苦も無く長文を量産できるように。

 

俺が、仕事場に来る人の多さに呆れていると、一緒に働いていた人が

「普通の人は休日になると何処かにお出かけするんですよ」

と、どちらかというとインドア派に所属する俺に呆れたように言っていた。

生きる事に対する目的、求めているものが違うので一概にはそう言えない。

年末の東京ビックサイト行ってみろコラア、と言い返したかったが、そもそも8月と12月に東京ビックサイトに行っても特にやる事が無いので、行った事が無いのは内緒だ。

 

価値観、価値認識、生きる事に対する目的。

何がしたいのか、何を求めているのか。

 

楽しさ、気持ちよさ、居心地。

愛しさと、切なさと、心強さと。

 

……最後のは違います。

 

 

最初は点だった。

 

 

点は増えれば線になる。

 

_

 

線が増えれば三角に。

 

 

そして四角をへて。

 

 

立方体になり、面積が増え続ける。

 

まさかあの町でランチを食べて千円切るとは想像してなかった、当然ながら味もいい。

当たり前のことだが、経験しなければ知りようもない。

 

した方がいい経験と、しない方がいい経験。

特になる経験と特にならない経験。

俺の飲酒は特にならない経験。

スイッチには、普通にオンオフ可能なスイッチと、一度入れると壊れて戻らなくなるものがあるのです。

そういうスイッチにはなるべく最初から触らない方がいい。

 

家に炊飯器が無いからお鍋でご飯を炊くんです。

そう言っていたあの人は、もうご飯を炊いたのだろうか。

 

人はいる、溢れる程に。

今日もあの場所でも、遊園地でも、行楽地でも人が溢れている。

 

縁。

 

繋がり。

 

人は生きる、人と生きる。

 

人が一人では、生きる事は難しいから。

 

色々な人がいる、今日も何人か生まれ、何人か死ぬのだろう。

確か神話では1000人死んで1500人生まれるのだったか。

 

久々に、文章を書いた。

書く時間も、余裕もなかった。

まだ少し、疲れている。

 

歩き続けて何処まで行くの。

 

昔、小林幸子がうたっていた歌。

 

本当に、何処まで行けばいいんだろうか。

本当に、遠い所まで来た気がする。

 

体はいつもと同じ場所。

心の場所が違うのだろうか。

気持ちの位置、経験値。

 

思えばいつもはぐれメタルばっかりと戦ってた気がする。

逃げ出さないはぐれメタルと。

今回のはメタルキングだった。

毎日逃げ出さないメタルキングを1ポイントづつ削って、倒せる日と倒せない日があった、翌日もHPはそのままだったから気が付いたら倒していて、すぐに新しいメタルキングが現れていた。

偶には起き上がって仲間になりたそうにこちらを見ていたりするが、

面倒なのでいつも「いいえ」を選択している。

 

そんな生活。

 

この世界には秘密がある。

 

知っている人間と知らない人間。

 

事実がある。

事実は事実だ。

 

それに対してだから何?オチは?

それを求めるのはナンセンスなのかもしれない。

人は答えを知りたがる。

何かに対しての答えを。

 

答えなんて無いのに、事実しかないのに。

 

確かにオチがあった方が面白いが、面白いかどうかなんて感情のひと振れにしかならない、確かに感情が振れるのは大切だと思う。

プラスの感情が振れると日常が鮮やかになる。

ただそれだけの意味で。

 

昔、感情が死んでいた男は、そう、思う。

 

全ては、総轄的に、均一的に、同じなのだ。

あえてわかりやすくするために、分類し、区分される。

他人と共有する為に。

 

自分で理解するだけならば、分ける必要などひとかけらも無いのだから。

 

世界はきっと、そういう風にできている。

流れ、刺さるか刺さらないか。

春には春のモノが食べたい。

夏には夏のモノ。

秋には秋のモノ。

冬には冬のモノ。

 

流れにあった、季節を堪能したい。

押し付けではなるだけ受け身で。

 

イベントを全力で、楽しみたい。

 

飾る日も、飾らない日も。

 

誰かと同じ気持ちへ。

 

同じ場所にいるために。

 

気持ちは繋がります。

 

伝えて、受け取って、理解して、誰かに。

 

そういうものです、一方通行だと、悲しいです。

 

誰かと同じ場所に行くために。

 

今日も明日も、貴方へと。

 

自分だけじゃないから。

 

幸せな貴方に、さらに幸せを届けたいから。

 

 

知ってください、感じてください。

誰でも彼でも。

 

理解とは、そういうものです。

また今度、是非に是非にまた今度。 

大いなる流れに乗る葉っぱ

流れ、だ。

多分全部流れだ。

流れってのは、流れという言い方以外表現の方法がないように感じる。

 

おいしいプリンが出来上がるのは何故かというと。

おいしいプリンのレシピを作る流れを知っている人が、レシピの流れ通りにプリンを作るからおいしいプリンが出来上がるのだ。

 

その程度の流れでしかない。

大いなる流れには逆らえないように。

 

全体的に大いなる流れがあって、その流れに乗る葉っぱが一人一人の人間なのだろう。

 

何か電波な表現しか出来ていないがそのように感じる。

 

その流れの中では基本的に何をするのも自由だ。

けれども自由なだけで、許されたり、認められるには、一定の流れの中で、流れに乗っている必要がある。

 

何でも、その流れが綺麗であれば綺麗であるほどに、人はそれに引き付けられる。

流れとは多分そういうものだ。

 

流れ、何かの流れ、大いなる何かの流れ。

 

人はおそらく大いなる何かの流れに浮かぶ葉っぱの様なものなのだろう。

感覚的な問題

自分は常々感覚的な人間だなあと思う。

 

特に理由を上げろといわれると無理なんだけれども。

 

良く分からないのだけれども。

 

意識の問題と、認知能力の問題。

 

現実の空間認識能力と、感覚の空間認識能力。

 

たとえ手足が増えたとしても、いきなりいつも使っている通り自由には動かせないように。

 

補助輪付きの自転車に乗り始めたばかりの子供がロードレーサーで走れないように。

 

こういうのは結局感覚の問題でしかない。

 

出来るか、出来ないか。

 

練習して慣れていくしかない事もある。

 

階段を登るには一段ずつしか登れないように。

 

感覚的な問題である、そう、感覚的な問題。

 

そうして頭の処理速度、優先順位と関連付け。

 

全ては結局簡単なモノなんだよ、慣れてないから出来ないだけなんだ。

 

慣れればできる、けれども慣れるまでは大変だ。

 

 

慣れるというのは壁を壊すようなものだと思う。

 

壁を壊すと世界が広がる。

 

そうして壊れている壁は、壊したことのある壁は、人によって違うのだ。

 

どの壁が壊れているか、どの壁を壊すべきか、どの壁を優先的に壊すべきか。

 

逆にどの壁を壊さなくていいのか。

 

 

そんな、感覚。

また何かが生まれ変わった気がする

比喩的な意味で。

 

世間一般の方々はお盆だ。

だが私にはそんなモノなどなかった。

 

最初はそのことが不満で尚且つキャパがギリギリだったので不安定だったが、終わってみたらいつも通りすっきりしている、明日また好きに一人で過ごしたら、元に戻る事だろう。

 

気が付いたらトーク力が身についていた。

聞く方も話す方も。

意識しないと無理だし、まだ頭が疲れるから頻繁にはしたくないが。

初対面だろうが、ある程度付き合いが長かろうが、会話の糸口を引っ張り出して苦労なく会話できる技術がある程度身に付いた。

仕事だろうが、プライベートだろうが使える技術。

脳内の情報整理と、物理言語化が行われていないので話す方はまだ時間がかかるが、相手の言葉に対応する言葉をリンクさせて発話することに不自由を感じなくなってきた気がする。

つまるところ、自然と言葉が出るようになってきた、昔から文章に触れて文字の意味の反復理解を繰り返してきた成果だろう。

実地訓練の回数もバカにはできないが。

 

話すのが先か、聞くのが先か。

 

乳児幼児の言語の習得順序から考えて、聞くのが先である、話すことは後だ。

音声に意味があることを正確に理解し、反応する。

その行為を正しく行えるようになった後に改めて、自分の音声に意味と価値を付随させる事が出来るのだろう。

まあ、仕方がない、おいおい出来るようになればいい。

 

人間の行動と、時間には限界がある。

一人の人間に出来ることはいくら優秀な人間だといっても限界があるのだ。

効率。

考え始めるとキリがないが、ある程度必要な事のように思う。

仕事の順序、優先順位、必要か不必要か。

一日は二十四時間だし、食事の回数は三回が望ましいし、摂取カロリーも考えた方が健康的だ。

慣れているかどうかと、好みかどうかでまたそれは変わってくる。

 

行動には限界があるし、時間も有限、そう考えると取る行動も選んだ方が望ましい。

 

限られた時の中でどれだけの事が出来るのだろう。

 

何となく思い出した歌詞。

そういやこんな歌あったなあ、と少しだけ頭の隅をかすめた。

多分こういう事の繰り返し。

オタだろうがリア充だろうが、やっていることは基本的に同じ。

違うことは、使っている情報が違うだけ。

歌の種類だったり、ドラマか映画かアニメか漫画か。

基本的な表現をする媒体が違うだけでしかない。

おそらくはそれだけの差しかないのだ。

 

きっと、そうだろうと思いたい。